BIGLOBE LTEってどんなサービスなの?

元々はISP、そして格安SIMの老舗でもある、BIGLOBE

BIGLOBEと言うと、光回線などのインターネット回線を提供やるインターネットサービスプロバイダー(ISP)の1つ、もともとNECの子会社なのですNECビッグローブとして2006年に設立がなされて、2014年にNECから独立引き込んだ会社です。
いわゆる「格安SIM」や「格安スマホ」という言葉がブームを感じる前の、2012年という黎明期からNTTdocomoの回線でのMVNO事業を手がけてます。
2012年当時と言うと、まだまだLTE回線網が整備ツッコまれてなかったので、3Gのサービスとして提供思われていました。言わば格安SIM事業者の老舗どちらも呼んでもいいと言って間違いないでしょう。

4GLTEの高速回線を使用したBIGLOBE SIM

BIGLOBEの格安SIMサービスと言うと、現在は「BIGLOBELTE」という名称で提供定まっています。BIGLOBELTEと言うと、基本的に他社のMVNOの一種として、音声通話対応のSIMカードといった、データ通信専用のSIMカードの2種類を提供おこないます。音声電話対応のSIMカードと言うと、音声電話以外にもデータ通信が可能なSIMカードで、SMSなどの機能も利用貰うことができます。

キャリア携帯からのMNPも可能!

MNPと申しましても対応トライしているため、現在使用トライしている他社のスマートフォンと変わらない電話番号で引き続きBIGLOBELTEに決定することが発症します。データ通信専用のSIMカードと言うと、データ通信のみが可能なSIMカードでしょうけれど、オプションでSMSの機能を使うことが発症します。
docomo・AU・Softbank・ワイモバイルなどからのMNPと申しましても対応おこないます。

プロバイダー発行のメールアドレスが使える

BIGLOBEはもともとADSLや光回線などの固定回線を提供トライしている会社それがあるので、BIGLOBEばかりかの接続コースをすでに契約トライしている場合、月額料金が216円(税込み)引き側、非常にリーズナブルな価格で利用実現可能です。また、「@xyz.biglobe.co.jp」(xyzは任意の文字列)のメールアドレスも使用できるように変わります。

セット端末が他MVNOよりラインナップ豊富

他のMVNO大きく、BIGLOBELTEの特徴的なのと言うと、セット端末を豊富に用意トライしているといったところです。台湾ASUS製のスマートフォン・タブレットを合計4機種、日本メーカーなのですSHARP・富士通のSIMフリースマートフォンを1機種ずつラインナップおこないます。
セット端末に関する細部と言うと、BIGLOBELTE公式サイトでご確認ください。

BIGLOBELTE公式サイト
http://join.biglobe.ne.jp/mobile/sim/

これらの端末と言うと、BIGLOBEの月々の利用代金を含め、分割払いで購入貰うことができます。それに付随し、予め自分で端末を用意する必要はなければ、初期投資が非常に薄く格安SIMに決定することが発症します。また、端末が故障を実施してしまった時に代替端末を用意して貰える月額制のオプションサービスも用意定まっています。