BIGLOBELTEの「シェアSIM」家族利用がかなりおトク!

シェアSIMで家族利用がかなりおトク!

BIGLOBELTEと想定できるものでのプランならば、音声通話対応のSIMを複数枚発行行なって、家族など複数人で一つのプランの高速データ通信量を分け所持して利用頂ける「シェアSIM」が原因のことができます。

シェアSIMってどうやればいいの?

「シェアSIM」が原因のためことを願うなら、音声通話対応のSIMを1枚「ライトSプラン」(月6ギガバイトをシェア)・「12ギガバイトプラン」(月12ギガバイトをシェア)のいずれかで先ず契約し、その後音声通話対応のSIMカードを追加発行始める、という手順を外すことができません。

プランにて異なるシェアSIMの最大枚数

「ライトSプラン」をシェアやる時は、最初に契約してみたんだSIMカード1枚を筆頭にに、シェアSIMカードを2枚まで追加発行するということができ、最大3枚のSIMカードでデータ通信量をシェアウェルカムです。
「12ギガプラン」なら、SIMカードの追加発行は4枚まで、最大5枚でシェアウェルカムです。

シェアSIMもMNP対応

音声通話対応のSIMカードを追加発行始める場合も新規契約と似たような物で、新規に電話番号を払い出してSIMカードを発行するようではなく、他社からの転入(MNP)に迄対応利用できます。

BIGLOBE SIMのシェアSIMの利用料金

「シェアSIM」が原因の場合の料金体系と言いますと、「プラン料金」の他に追加で発行してみたんだSIMカードの枚数分の「シェアSIM月額利用料(900円(税別)/月)」を通じてなります。

家族4人でシェアする際の月額費用

例えば「12ギガプラン」を4人でシェアやる時は「12ギガプラン」の月額料金3400円の他に、3枚分の追加発行SIMカードに加算発症する月額利用料金2700円(=900円×3人分)の合計6100円/月が基本使用料になってきます(通話時間を考えて通話料金が加算されると思われます)。

一人あたり千円台も可能!!

6100円で4人分利用行える計算になるため、一人あたりおよそ1500円でスマートフォンを契約可能でございます。このようなケースでは、一人あたりのデータ容量は1ヶ月あたり3GBです。
シェアSIMが原因のメリットというのは、家族にてデータ通信量にばらつき付の場合でも、家族全員で容量を共用行なって消費もらえると考えることが上げることができます。また、使い切れ足りてなかったデータ通信量は翌月末まで繰り越すことに見舞われるため、余ったデータ通信容量も無駄なく活用頂けます。
シェアSIMのわかり易い情報と言いますと、BIGLOBELTE公式サイトをご確認下さい。
BIGLOBELTE公式サイト
http://join.biglobe.ne.jp/mobile/sim/