WiFiスポットの活用で通信量を抑える方法

WiFiスポット活用のすすめ

BIGLOBELTEに始まる「格安SIM」を提供やる会社につきましては、高速データ通信の容量を、たとえば月3GBまで、なんていう風に制限しておけば格安の価格に成功してある面が伴います。
このおかげで、データ通信を大量に必要と考える動画などという、あまり外出先になりますが楽しめず、また常に通信量を気にかけなければいけないのですという部分が、格安SIM・格安スマホのデメリットというわけです。

BIGLOBE SIM契約者限定の無料WiFiスポット

そこで、通信量を削減しようとすれば大いに力を発揮してくれるのが町中に設置された「WiFiスポット」です。BIGLOBELTEを含む「BIGLOBESIM」を契約やるユーザーのためには、この「WiFiスポット」を無料(2016年2月以降は一部プランを通じて有償化)で利用してもらえます。
WiFiスポットにつきましては、全国のマクドナルドや東海道新幹線の車内なんていうのに設置貰っていて、登録されたスマートフォンからWiFi接続練ってインターネットを自由に利用してもらえます。

WiFi経由の通信はカウントされないので…

WiFiスポットに接続お聞きして催された通信につきましては、月間のデータ容量制限や72時間のデータ容量制限の基準になってしまう「高速データ通信容量」として加算行われないため、データ通信量を気に決めることなく、動画の視聴やアプリのダウンロードなどデータを大量にやり取り講じる用途にしても使用出て来ます。

大幅に広まったBIGLOBE SIMのWiFiスポット

また、2015年12月きた後はWiFiスポットの提供エリアが大幅に拡大がなされて、全国およそ77,200ヶ所でWiFiスポットが提供して貰えます。
これらのWiFiスポットを有効に活用実現できるように、Android端末向けに「オートコネクト」とされるアプリも配信聞いています。
このアプリとすると、周辺にBIGLOBESIMで利用望めるWiFiスポット、そして予め登録していた自宅・会社などのようなWiFiスポットというものを検知練って、自動でスマートフォンの接続をLTE接続からWiFi接続へと入れかえる機能を装備して混ざっている。
WiFiの利用望める場所になりますがWiFiを用いることで、LTE接続によるデータ通信量を削減してもらえます。また、「オートコネクト」になりますが直近72時間および当月のデータ通信量をほぼリアルタイムに確認達成できるほか、現在地付近に位置するBIGLOBEのWiFiスポットを検索してみるのも可能なのです。
行動範囲に点在講じるWiFiスポットの利用により、データ容量が少なくて済むプランけど、十分なインターネット環境を構築とれることもあり得ます。
BIGLOBELTEの公式サイトにおいて、WiFiスポットの検索が引き起こされます。
ぜひ、初めて、WiFiスポットの位置を把握頂くことが出来ます。

BIGLOBELTE公式サイト
http://join.biglobe.ne.jp/mobile/sim/