BIGLOBE SIM速度ついて、まとめてみた。

BIGLOBE SIMではでは、2種類の速度制御が見られます。
基本的に、すべてのMVNOで規制表記されている内容です。
また、意外とばれて存在しないのですが、3大キャリアというところも、3日制限は見受けられますので、この点は、格安スマホを対象としたデメリットとはいえませんが、3日制限で診てもらう容量がキャリアぐらいなら厳し目になります。
キャリアの時、直近3日間で1GBより多い数量のと、制限をかけるところが大部分です。

BIGLOBESIMの通信速度と帯域制限について

BIGLOBESIMは、NTTdocomoの回線網においてのMVNOな感じだから、4GLTE225Mbpsの回線にあります。
MVNOは、各社、実効速度に違いが生じます。
なので役に立つのが、実効速度の比較サイト。
よくチェックするのが、このサイトです。
当サイトではでは、主要大手のMVNOの格安SIM・格安スマホの通信速度のスピードテストが毎月更新聞いていますので、大手MVNOの設備増強・帯域増強という通信速度の変遷であるとかも垣間見れます。
実効速度重視で格安SIMを決定したい方は、
こんなサイトを咀嚼してしてみるとベターだと思います。

1ヶ月の通信制限

一つは毎月決められた高速データ通信容量に捉われずしまう時の制限です。
こちらは選択敢行した料金プランに付随して、
例えばエントリープランなら1ヶ月に3GBに捉われずしまう時に制限が適用されるはずです。
制限始めた場合、通信速度が最大200kbpsに陥ってしまう時もあるようです。
200kbpsは1Mbpsのおおよそ5分の1の速度で、たとえば動画や画像などデータ容量を散りばめる通信をする一瞬、思い切り低速に感じます。
この制限は高速データ通信容量を消費しきってしまう時から、その月の月末まで続き、翌月1日と指定されて、翌月分の高速データ通信容量が付与始めたときに、もとの高速通信が利用やれる様になります。
(別料金でボリュームチャージしたら、制限解除が可能)

72時間制限とは?

今一つの制限が、「音声通話スタートプラン」「エントリープラン」を選択敢行した時に適用向かう「特にご利用の多い方がの通信速度制限」、通称「3日間制限」です。
この制限は、ライトSプラン及び12ギガプランにとっては適用成されないものです。
直近72時間の通信量が規定値に捉われずしまいさえすれば、通信速度が大幅のみになります。

3日制限になる通信量

規定値は、「音声通話スタートプラン」の状態では直近72時間で200MB以上、「エントリープラン」の状態では直近72時間で600MB以上です。
大手キャリアで大体1GBな感じだから、厳し目になりますが、それでも動画を頻繁に視聴しない内はは、ひっかからない方が大半だと感じませんか。
この「3日間制限」によって幾らくらいの通信速度に至る迄制限向かうのかは公表表現されて存在しないのですが、1ヶ月の容量よりも高額の時の「200kbps」程度に違いないと読みとれます。

3日制限は解除不可という事実

また、「1ヶ月制限」は、別途300円(税別)/100MBでボリュームチャージを購入すれば、購入容量分は速度制限を解除出来るのに対して、「3日間制限」は解除する方法は存在することがなく、直近72時間のデータ通信利用量が規定値を下回るのを待つだけだと言っても過言ではありません。その影響で、特に「3日間制限」が適用向かうのはしたくないところです。
基本的にとっては、輻輳を回避始める為の措置で、一部ユーザーが常時回線を専有したりする行為を制限始める意味合いの通信制限と思いませんか。
直近72時間でどれといった通信をすんだのかはWebサイトなどから確認行えるので、こまめにチェックした方が良いと思います。